テーマ:プロレスラー

バレットクラブ

新日本プロレスに誕生した 新ユニット 『バレットクラブ』 外国人のみの黒のユニット。 久しぶりに期待一杯のユニットだと思う。 見た目かっこよく、 実力もあり、 決断力も強そう。 今後の暴れっぷりに大いに期待です。 ヒールに転向した プリンスデビット どんな激しいファイトを見せてくれるのか期待大。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

涙、そして希望の二日間

小橋建太引退、 方船新章。 プロレスファンにとって 心揺さぶられる 二日間。 鉄人の引退により 一つの時代は終わったが、 その遺伝子は 確実に 次世代に受け継がれている事を 証明した 方船新章。 プロレスラーは凄い。 そしてプロレスラーは素晴らしい。 そんな プロレスラーを見習い 強く生…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ヘビー級王者の貫禄

GHCヘビー級王者 森嶋猛。 体もでかく 力もあり プロレスラーという名にふさわしいチャンピオン。 対するチャレンジャの KENTA。 激しい気性 鍛え上げられた肉体 こちらもまた プロレスラーという名にふさわしいレスラー。 そんな二人の 選手権試合。 形は違えど プロレスラーの名に恥じない二人 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

秋山さん おめでとう!!

プロレスリングノア 秋山準 デビュー20周年 おめでとう!! 20周年記念試合。 いいトリオでしたね~。 秋山・永田・潮崎。 ほんとうに絵になる3人。 リングにそろうだけで気分が盛り上がってしまいました。 これぞプロレスラーですよね。 対する ぶん殴ってやりたい3人トリオ。 高山・鈴木・マイバッハ …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

よっ!!まってました杉浦さん

プロレスリングノア。 紛れもなく中心選手である杉浦。 8月25日、 生きるべき場所 緑のマットに帰ってきた!! 『よっ!!まってました杉浦さん』 持ち前の根性と体力で 激しい戦いを繰り広げる プロレスラー杉浦。 GHCヘビー級の最多連続防衛回数の保持者である。 プロレスリングノアにとって なくてはならな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

秋山 夢の時間

三冠チャンピオン プロレスリングノアの秋山準。 約10ヶ月に及ぶ 夢の時間。 8月26日 三冠ヘビー級選手権 チャンピオン秋山 vs 船木 秋山の全日本時代の忘れ物 三冠ベルト。 秋山にとってこのベルトは どうしても腰に巻きたかったベルトであろう。 年齢を考えると 今のチャンスを逃しては もう夢はか…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

大プロレス祭り

大プロレス祭りに行ってきました。 秋葉原での 大プロレス祭りです。 会場は秋葉原駅からも程近いすばらしい場所でした。 たくさんのプロレスラーを身近で見ることができ、 プロレスの試合も4試合も見ることができました。 最高です!! 展示されていたチャンピオンベルト。 こんなに間近で観るのは初めてです。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

諏訪魔 Versus 馳

BSスカパーで サムライTVの番組 『Versus』が放送された。 今回は 諏訪魔 vs 馳。 非常に興味深い対談である。 諏訪魔は馳にスカウトされてプロレス入り。 二人は師弟関係である。 話しは 馳が全てペースを握って進めてゆく。 リング場では 全日本プロレスのエース。 強い諏訪魔もタジタジである。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2011年 プロレス大賞

毎年この時期になると、 様々な業界でこの一年を振り返っての賞が盛んになります。 私の大好きなプロレスの世界でも例外ではありません。 プロレス大賞が発表されました。 ・最優秀選手賞(MVP) 棚橋弘至(新日本) 文句なしの受賞でしょう。 今年の1月4日にIWGPヘビーのベルトを奪取してから一年間ベルトを守り続けました。 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

力皇、そしてバイソン…

11月27日 プロレスリングノア有明大会。 とても悲しい報告が2件ありました。 力皇猛年内引退。 長い間、首の負傷により欠場をしていた力皇。 首の状況が良くならず遂に引退です。 力皇といえば、 相撲界からプロレス入りし 持ち前の体格とパワーで 迫力のあるプロレスを見せてくれていました。 個人的にも好きなタ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

復活への優勝

いまさらながら プロレスリングノアのグローバルリーグ戦。 18人参加の激しくつらいリーグ戦。 20日に優勝者が決まった。 森嶋猛。 決勝は 森嶋 vs KENTA スパーヘビー級 対 ジュニアヘビー級の決勝戦となった。 最近スランプ気味の森嶋。 ノーマーシーを結成し勢いづくKENTA。 ノアの今後を左右す…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

秋山、三冠チャンピオンおめでとう

プロレスリングノアの秋山準。 遂に念願の三冠チャンピオンとなる。 青春時代の忘れ物をついにその手に。 先輩レスラーが三つのベルトを統一し、 そしてその三本のベルトにさらに磨きをかけた 全日本プロレス伝統のベルト。 全日本プロレスの歴史そのものでもあるベルト。 全日本時代、秋山準は その憧れのベルトを腰に巻く事はで…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

7・23 小橋建太復帰戦

7・23プロレスリングノア大阪決戦。 日テレG+にて観戦。 この日の注目はなんと言っても 小橋健太1年7ヶ月ぶりの復帰戦。 そして忘れてならないのが 健介 対 杉浦の肉弾戦。 GHCタッグベルトを新日本から取り返せるか GHCタッグ選手権。 ノアの至宝 GHCタッグベルトが奪われた同じ大阪で ベルトを取り返すべく…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

7月30日 後楽園観戦記

2011年7月30日 プロレスリングノア 日テレG+杯ジュニアタッグリーグ戦決勝戦。 観戦しました。 まずは一言!! すばらしい興行でした!! 久しぶりのプロレス観戦。 気持を大いに高ぶらせながらいざ観戦です。 試合開始前に 8・6有明決戦のGHCヘビー級選手権試合調印式が行われた。 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

鼓太郎・青木を応援観戦

いよいよ明日に迫った プロレスリングノア 第5回ジュニアヘビー級タッグリーグ戦優勝戦。 いざ観戦です!! 約2週間の激闘の末、 優勝戦のカードは KENTA・金丸 vs 鼓太郎・青木 先日のGHCジュニアタッグ王座決定戦の再戦です。 もちろん応援するのは 鼓太郎・青木 前回は敗れているだけに2…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

棚橋株、上昇

新日本プロレス、大阪大会。 IWGPヘビー級選手権試合 棚橋vs後藤。 約1週間遅れでテレビ観戦。 テレビでは放送時間の都合上、 かなり途中からの放送。 ぜひともノーカットで観たかった。 でもでも30分の放送時間じゃー無理な相談。 テレビで見る限り、 ほとんどの時間後藤が試合のペースを握る展開。 一つ一つの技…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

改革への実績

5月25日、プロレスリングノア後楽園大会。 GHCジュニアタッグ選手権試合。 ノーマーシーがチャンピオンとなった。 KENTA・金丸のノーマーシーと鈴木・青木のANMUの戦いとなった今回の選手権試合。 今後のノアのリング上をうらなう大きな戦いだったように思う。 改革を進めるために立ち上がったノーマーシー。 そのやり方…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

刺激的遭遇

新日本プロレス5・3福岡大会。 真壁と鈴木みのるの刺激的遭遇。 真壁vs小島の決着戦。 真壁が勝利。 仲間に襲われる小島。 鈴木みのる登場。 小島を襲うみのる。 小島救出にやって車壁。 それぞれの人間模様。 そんな中で、 リング上で真壁と鈴木みのるが対峙する。 なんだかぞくぞくする光景。 個人的に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

NOAH 5・8 有コロ決戦

プロレスリングノア。 地上波放送が打ち切られてはや2年。 現在はスカパーのG+で月2回中継を楽しんでいる。 以前は生中継も多く 録画中継でも2~3日後に放送されることが多かったが、 最近は1週間ほどあいての録画中継。 かなりのタイムラグである。 そして今回の 5・8有コロ決戦。 こちらも5月16日の放送となった…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ALL TOGETHER 全てのプロレスファンに

2011年8月27日(土)日本武道館。 プロレスの力を東日本大震災復興のために。 そして全てのプロレスファンのために。 夢の戦いが実現する。 新日本プロレス。 全日本プロレス。 プロレスリングノア。 日本を代表する3団体が 東日本大震災復興チャリティープロレスを実施する。 被災された全ての方々のため…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

現在進行形のノア

12月5日。 今年最後のプロレスリングノアの武道館大会。 観戦希望でありながら、 所要のため観戦できず・・・ 生中継であった日テレG+もリアルタイムで見ることができず・・・ 昨日やっとHDDにとった大会を観戦。 現在進行形のノアがそこにはあった!! 三沢さん・小橋さんのいないノア。 まったく持って心配なし!! 今の…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

フリーレスラー小島の意地

フリープロレスラー小島聡。 今年の夏のG1を制した小島。 そして、IWGPのベルトを腰に巻いた小島。 フリーとしてこれ以上ないすべりだしである。 そして、次期挑戦者を指名した小島。 相手は中邑。 G1のリーグ戦で敗れた相手である。 IWGP実行委員会は後藤を次期挑戦者に指名した。 しかし、小島はこれを拒否。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

狂犬レスラー 柴田の心意気

昨日のK1ワールドMAX、 スペシャルマッチ、 金メダリスト・石井 vs 狂犬レスラー・柴田。 石井の圧勝に終わった。 石井の対戦相手が試合前日になって急遽変更。 そんな緊急のオファーを受けたのが 狂犬レスラー柴田。 柴田は2週間前に試合を行い敗れている。 そんな中での突然のオファー。 体調はまったく持って…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

KENTA・青木のチャレンジ

プロレスリングノアが GHCジュニアヘビータッグのベルト奪還に動き出した。 ジュニアヘビー級タッグトーナメントを制した、 KENTA・青木組がチャレンジャーとして名乗りを上げた。 言うなれば 現在のノアジュニアのタッグで最強チームの挑戦である。 相手は新日本。 チャンピオン、金本・タイガーマスク組である。 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

至宝IWGP流出

今更ながら・・・・ 10・11両国大会のタイトルマッチをみた。 今回はテレビ放送より早く結果を知ってしまったため 少し見る意欲がうせ、今更ながらとなってしまった。 ファンの絶大なる支持を受けたチャンピオン真壁。 最近ではこれほどまでにファンの支持率が高かったチャンピオンは久しぶりである。 そんな支持率を反映するかのよ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

やっぱりヒールは必要だよな~

プロレスにおいてヒールはなくてはならない存在です!! なんていうのは私個人的な持論ですが・・・・ 最近の飯塚を見ていて本当にそう思います。 以前はおとなしくまじめ一本だった飯塚。 天山との友情タッグを裏切り ヒールに転向。 最初はかなり違和感があったが、 今ではかなり板につき すばらしい存在感を見せているように思いま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

NOAH ジュニアタッグリーグ戦

NOAHのジュニアタッグリーグ戦が 30日後楽園ホールで決勝戦を迎える。 今年で4回目となる同リーグ戦。 今回は他団体から海外からと多様なレスラーが参加して にぎやかなリーグ戦となっている。 現在GHCジュニアタッグのベルトは 新日本プロレスの金本・タイガーマスク組に流出中!! NOHAにとっては緊急事態のはずである。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

無差別級6人タッグトーナメント

新日本プロレスが今年新たな試みとして 有明で3日間連戦の 無差別級6人タッグトーナメントを実施した。 結果は 後藤・デイビッド・田口のアポロ555が優勝した。 この大会の模様は スカパーのJ・SPORTSで全て中継されたようだ。 無差別級の6人タッグマッチ。 なかなか、興業のメインになる事はない戦い。 そこ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

真壁貫禄の初防衛

6月19日新日本プロレス。 IWGPチャンピオン真壁が初防衛戦に成功した。 相手はノアの時期エース潮崎。 ヒール対ベビーフェィス。 プロレスならではの戦いである。 試合はお互いが真っ向からぶつかる ヘビー級らしいゴツゴツとした戦いとなった。 この試合、 潮崎が真壁の額から流血させるほどのファイトを見せてくれるかと…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

港への帰還

プロレスリングノア。 運命のあの日。 三沢光晴さんが亡くなった2009年6月13日。 あれから一年。 2010年6月13日。 プロレスリングノアは港に一時帰還した。 6月13日。 プロレスリングノアは『港への帰還』と銘打った興行を行った。 参加した各選手が、 三沢さんへの熱き思いを胸に熱いファイトを見せてくれた…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more