テーマ:ニュース

野人・中西学 爆発の時!!

7月21日、北の大地北海道で武藤vs中西のIWGPチャンピオンッシップが決定した。 中西にとっては久し振りの大一番である。 武藤vs中西といえば 1999年夏のG1決勝戦のカードである。 このときは中西の圧倒的なパワーの前に 武藤のテクニックが屈した形となり 中西がG1初優勝を飾ったのである。 あれから時は流れ …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

PREMIUMのプレミアムな戦い

新日本プロレスの蝶野選手が、団体の枠を超えた戦い『PUREMIUM』をみせてくれている。 この戦いは、新日本プロレスのワールドプロレスリングでも度々取り上げられ少しづつ認知度も高くなってきているのではないだろうか。 そんなPREMIUMのワンナイトタッグトーナメントの中継を見た。 8組のタッグチームが 一日でトーナメント…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

圧し掛かる重圧!!

4・27新日本プロレスのビックマッチが間近に近づいてきた。そのビックマッチとはもちろんIWGPヘビー級選手権試合 中邑真輔 VS 武藤敬司 である。この戦いには、中邑真輔に大きな重圧が圧し掛かる事だろう。 武藤といえば、いわずと知れたプロレス界の天才。 はっきり行って、ピークは過ぎているが 素晴らしいレスリングセンスで現…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

NOHAの熱きタッグリーグ戦

現在、プロレスリングノアでは約一ヶ月をかけてタッグリーグ戦を開催している。今までは、こだわりを持ってリーグ戦を開催してこなかったノアにとって初の大規模なリーグ戦である。 そんなタッグリーグ戦の名前は 『グローバルタッグリーグ戦08』 4月27日(日)日本武道館が最終戦となり、 長い長い一ヶ月のリーグ戦にピリオドが打たれる。 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

中邑真輔の覚悟

4月27日(日)にIWGP選手権試合が行われる。この戦いは、中邑真輔にとっても新日本プロレスにとっても大一番である。 今年の1月4日に棚橋からチャンピオンベルトを奪取した中邑真輔。 その後、カートアングルとの統一戦に勝利し、 正真正銘のIWGPチャンピオンとなった。 そして、3月にはニュージャパンカップを制した棚橋と防衛戦を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

武蔵復活の一歩となるか!!

昨日、横浜アリーナで K-1WORLD GP が開催された。 ここ10年間、日本のエースとして戦ってきた武蔵が新星・澤屋敷純一 の挑戦を受ける戦いが行われた。 武蔵はここ10年間、日本人のエースとしてK-1を支えてきた。 しかし最近は年齢に伴う体力の衰えなのか、 気力の衰えなのか、 いまいちぱっとした戦いをする事ができてい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

プロレスビックマッチの即日放送を望む

4月27日(日)にIWGPヘビー級選手権試合、中邑真輔(王者)vs武藤敬司(挑戦者/全日本プロレス)のビックマッチが決定した。 しかし、しかし・・・・ このビックマッチが行われるのは日曜日。 という事は、最近の傾向から考えると 『ワールドプロレスリング』で試合が放送されるのは、 一週間後の土曜日の深夜という可能性が高い。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

夢の対決が実現!!

新日本プロレス4月27日大阪府立体育会館大会で中邑真輔(王者)vs武藤敬司(挑戦者/全日本プロレス)のIWGPヘビー級選手権試合が開催されることが発表された。 カートアングル、棚橋弘至を破り名実共に新日本プロレスのチャンピオンとなった中邑真輔の次期挑戦者が誰になるのか注目を集めていた。 そして、その相手が発表された。 その相手…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

友情で結ばれたタッグチーム

天山広吉。プロレスファンでこの名を知らない人はいないであろう。 そんな天山広吉が、新たな方向性を持って動き出した。 友情というな名のもとに、飯塚高史と手を結んだのである。 今年の2月に約4ヶ月の休養から復帰した天山は 自らが作り、 自らがリーダーとなっていた GBHから追放の手痛い仕打ちを受けた。 そこに、天山の助…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

くいだおれが閉店?!

大阪名物の道頓堀にあり『くいだおれ』が今年の7月に閉店することになったそうです。 くいだおれといえば、 くいだおれ人形で有名なお店。 お店の前で派手な服を着たおっちゃんが、 太鼓をたたいている姿はあまりにも有名です。 産経新聞より 大阪育ちの私にとっては、 かなりショックなニュースでした。 こうやって一つ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more