やっぱりみのるは凄かった

2018年4月29日
IWGPインアタコンチ選手権
鈴木みのる VS 内藤
個性の強い二人のぶつかり合い。

4月29日。
新潟旅行の真っ最中。
美味しいお米をたくさんいただき
温泉三昧!!

熊本では
すばらしいカードが実現していた。

プロレス界の王様

2年連続MVP男
本当に個性の強い二人のぶつかり合い。

結果は
内藤が鈴木みのるをやぶり
インターコンチを戴冠。

しかし、
試合内容は
王様・鈴木みのるのペース。

派手な技や
飛んだりはねたりの攻防は少なく
関節技や打撃技が中心の戦い。

お互いの
プロレスラーとしての強さを感じた。

やっぱりみのるは凄かった!!

これからの
二人の行動が楽しみである。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック