その夢を叶えたい

アクセスカウンタ

zoom RSS NOAH 5・8 有コロ決戦

<<   作成日時 : 2011/05/20 10:39   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

プロレスリングノア。
地上波放送が打ち切られてはや2年。
現在はスカパーのG+で月2回中継を楽しんでいる。

以前は生中継も多く
録画中継でも2〜3日後に放送されることが多かったが、
最近は1週間ほどあいての録画中継。
かなりのタイムラグである。

そして今回の
5・8有コロ決戦。
こちらも5月16日の放送となった。

結果をまったく知らずに中継を楽しみたいため、
約一週間のプロレス情報との断絶である。

そしてようやくやってきた放送日。
HDDデッキに録画しての鑑賞である。

そしてようやく昨日全て観戦する事ができた。

3大タイトルマッチは全てチャンピオンの防衛。
3試合ともかなりチャレンジャーに攻め込まれる場面が多かったが、
最後はチャンピオン貫禄の勝利。

相手の攻撃を全て受けて最後にしとめる
『風車の理論』なのか。

GHCジュニアの鼓太郎。
かなり王者としての風格も出てきた。
そして華麗な技だけではなく
かなり力強い戦いも見せてくれるようになってきたように感じる。
三沢さんの意思を強く受け継ぎ、
新たなプロレスラー鈴木鼓太郎を作っているように感じる。
今後、ノーマーシーとの死闘も楽しみである。

GHCタッグ選手権。
やっぱり王者
高山・佐野組は強かった。
ほんとうにすばらしいコンビネーションである。
さすがベテラン二人のタッグ。
挑戦者の秋山・斉藤も熱い戦いを見せてくれた。
特に斉藤は最近見違えるファイトを見せてくれているように感じる。
この歳にして一皮むけようとしているのかもしれない。
こんなすばらしいファイトをこれからも続けてほしい。
個人的には
二人がチャンピオンベルトを巻いて抱き合い
男泣きする姿を見てみたかった気もする。

GHCヘビー選手権。
杉浦vs鈴木みのる。
現在のプロレスにおいて夢のカードのひとつだったように感じる。
プロレスラーとして確固たる地位とキャラクターを築いたみのる。
いまやプロレス界の看板となったチャンピオン杉浦。
熱い熱い、激しい戦いを見せてくれた。
試合の大部分はみのるペースであった。
派手な大技も少なく。
実力者同士の強いプロレスを魅せてくれたように感じる。
選手権試合でありメインイベントではあったが
成長著しい若手の前座試合のような必死さも感じる事ができた。
久しぶりにプロレス黄金時代の戦いを感じる事ができたような気がする。

そしてKENTA。
NOAHに新しい風を吹き込もうと懸命である。
試行錯誤をしながらの変革を狙っているのであろう。
KENTAには今まで熱い戦いをしてきた実績がある。
そして説得力も強い。
昔、天龍が天龍革命をしたときのように
新たな革命が起こるかもしれない。
そしてそんな時代の承認になりたいと強く思う。
KENTAの戦いにはこれから目が離せない。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
まだ一部試合しか視ていなくてすみません。
杉浦vs鈴木みのる。確かに鈴木ペースの試合でした。それを跳ね返して勝利を手にした杉浦の王道たる強さ。それでも試合に強烈な彩りを与えたのは鈴木みのるの技術・執拗さ・隙のなさによるものだと思いました。

従来のノアから外れているのか?いや、ノアが「自由と信念」を掲げているからこそ、KENTAはノアの理念に殉じて、さらなる激闘を見せようとしているのだと思います。鼓太郎たちが対峙する、そして後に続く者の出現に期待します!
ばーにんぐK
2011/05/20 19:48
杉浦vs鈴木みのる。いい戦いでした。お互いの持ち味がしっかりと伝わってきました。お互いにプロレスに対する気持は形は違えど同じなんでしょうね。
KENTAの行動には期待大ですよね。何もしなければ何もかわらない。行動を起こせば、何かが生まれる。ノアの新しい流れがとても楽しみです。
浪速大介
2011/05/24 08:14

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
NOAH 5・8 有コロ決戦 その夢を叶えたい/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる