その夢を叶えたい

アクセスカウンタ

zoom RSS 伝わらない激闘

<<   作成日時 : 2008/12/16 09:13   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

先日、日本武道館にて生観戦した戦い、
GHCジュニア・ヘビー級タッグ選手権
金丸義信・鈴木鼓太郎 (第10代選手権者) VS KENTA ・石森太二 (挑戦者)
の戦いがテレビで地上波放送された。

放送が深夜になるため、
体力的におきてることが出来ず
録画しての鑑賞となった。

深夜のプロレス放送。放送枠は30分である。
しかしこの戦い30分をこえる熱闘であった。

テレビ中継では試合放送時間は
入場シーンを入れても約15分ほどであった。

実際の試合時間の約半分にも満たない放送時間。
非常に残念である。

試合のほとんどがカットされていて、
試合の流れが良く分からない・・・
30分のドラマを15分の短縮カット版で見たような気分である。
あれでははっきりいって
テレビで観戦した人には
実際の激闘、
感動は伝わらないような気がする。

非常に、非常に残念である。

4人の素晴らしい戦いが
こんな形でテレビ電波にのるなんて・・・・・

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
テレビがプロレスの価値をどう考えているか?の問題ですね。かつては1時間枠の中継が当たり前だったのに、残念ですね…。
ばーにんぐK
URL
2008/12/18 01:58
おはようございます。
本当にそう思います。しかし、時代の流れというものは仕方がないんでしょうかね???
かつてのゴールデンタイム1時間生中継が懐かしく思い出されます。

ばーにんぐkさんのブログでノア中継の打ち切りを知りました。かなりショックです!!
浪速大介
2008/12/18 08:16

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
伝わらない激闘 その夢を叶えたい/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる